防犯カメラは目的と場所に合わせたものを設置する

万が一に備えた対応

防犯カメラの設置で犯行の手口や犯人の顔を撮影することができます。場所や目的に合わせ、より効果的な機能を持ったカメラを選び、万が一の事態に備えましょう。

防犯カメラと一緒に揃える周辺機器

  • レコーダー
  • ディスプレイ
  • 接続ケーブル
  • 集音マイク
  • ステッカー等の警告アクセサリー

防犯カメラは目的と場所に合わせたものを設置する

カメラ

カメラの機能で選ぶ

防犯カメラは年々技術が進歩し、多くの機能が搭載されています。例えば、夜間の撮影機能を強化した暗視機能付のもの、一点だけではなくカメラの角度を切り替え広範囲を撮影できる遠隔操作機能付きの物など、カメラに搭載された機能をよく確認し目的に合わせたものを選びましょう。

防犯カメラを持つ作業員

カメラの形を選ぶ

また機能だけでなく、カメラの見た目にも意味があります。カメラの形は大きく分けて「ボックス型」と「ドーム型」に分かれます。ボックス型はカメラがあるとわかりやすく、犯罪抑止効果が期待できます。逆にドーム型は威圧感が少なく、商業施設などによく使われます。

カメラ選びのポイント

防犯カメラには犯罪者を威嚇する抑止効果と、万が一の際証拠を捉える事を目的に設置されます。昔よりも高機能で、より綺麗に撮影することのできる商品が多く開発されているため、設置場所と目的をよく確認し効果的なものを設置しましょう。

広告募集中