老人

夜尿症にお困りなら

困る

埼玉で就寝時に夜尿症でお困りの方は早めに泌尿器科を受診しましょう。お子様の場合は育て方について自分を責めてしまいがちですが、病院を受診することで原因を調べ、適切な治療を受けることができるので安心しましょう。

詳細を確認する

尿失禁考える

工夫する利点

困る

尿漏れになりやすい人は肥満傾向にあり、便秘やストレスを抱えている方が大半です。また、運動不足による筋力の低下や適切な水分摂取ができていない場合なども要因となっているようです。このような方は、普段の生活習慣などを少しずつ変えていこうと意識するだけでも十分効果的です。特に、女性の場合は運動により全て解消できる場合もあるので、日頃から身体を動かすことに慣れていない人は積極的に身体を動かすように意識してみましょう。このような工夫により、自然と尿漏れ防止の効果を生活の中に取り入れることができます。もちろん、ストレスに感じない程度で、自分のできる範囲から初めてみることが大切です。目標は最初から高く掲げすぎず、無理しすぎないこともポイントです。

治療に人気が集まる理由

尿漏れは生活の質を下げることになる可能性が非常に高く、いつも不安な気持ちをもって過ごすことになります。乗り物による移動中や長時間の仕事、トイレになかなかいけないような状態が長く続くようであれば、本来のパフォーマンスを発揮することもできません。このようなことから男女問わず、尿漏れの診療を受ける方が増えてきました。尿漏れといっても種類は豊富で、対処法なども少しずつ異なります。場合によっては手術を要するほどの症状もあるわけですから、医者に相談することは非常に大切なことなのです。今では薬の服用や骨盤底筋トレーニングなど、さまざまな方法で尿漏れの治療が行われています。自分にあった適切な方法を知り、実践することが何よりも大切だと思います。

正しい知識を身につけよう

医者

尿漏れは潜在的な患者が多く、自覚したのなら症状が悪化しないように努めるべきだ。症状が悪化するような行動はなるべくとらないようにする。骨盤底筋のトレーニングは続けることによって尿漏れ防止につながる。妊婦や出産直後の場合は産婦人科に相談する。

詳細を確認する

尿に関する病気とは

看護師

尿漏れにはさまざまな種類や原因がある。排尿がうまくいっても我慢することができない、排尿がうまくいかず尿を体外に出せないなどの特徴がある。尿漏れは筋力の問題だけではなく、精神的な面でも引き起こされる場合がある。このような場合はかかりつけの医者から相談することが大切。

詳細を確認する